ロッカーLocker

ロッカー

個別にスペースを分けて、持ち物や衣類を保管・収納しておくのに必要な家具。

スチール製や木製・貴重品用やシューズ用など、目的に合わせたものを選べます。また、ロッカーの鍵の形状もダイヤル式・シリンダー式の他さまざまございますのでお気軽にご相談ください。

ラインナップ

更衣ロッカー

衣類や鞄などの私物の保管に使用され、少人数~大人数まで対応。オフィスや店舗のバックヤード、公共施設の更衣室などに利用されています。

シューズロッカー

オフィスや工場、学校などに使用される主にスチール製の下駄箱。扉や施錠の有無、使用人数にあわせて規格もさまざまあります。

ワードローブ

一人ひとりで仕切られていないタイプのロッカーです。一人で使用する、もしくは大量の衣類や靴などを収納するときに使用します。

貴重品ロッカー

財布・携帯電話などの貴重品を保管するためのロッカーです。貴重品のみを保管するロッカーのため、一人当たりのスペースは小さいです。

掃除用具ロッカー

ホウキやバケツ、洗剤、雑巾などの掃除用具を収納するロッカーです。雑巾や手袋が干せるフック、モップをつるせるハンガーが付属しているものもございます。

パーソナルロッカー

オフィス向けの個人用収納ロッカー。PC、タブレットなどを収納できるタイプや、書類が投函できるメールボックスタイプもあります。衣類の収納には向きません。

ロッカーを選ぶポイント

ロッカーの種類

ロッカーにも用途や収納するアイテムによって様々な種類があります。まずは使用目的からロッカーの種類を決めましょう。

衣類や小物、鞄などを収納したい

更衣ロッカー

衣類や小物を大量に収納したい

ワードローブ

靴だけを収納したい

シューズロッカー

掃除用具をまとめて保管したい

掃除用具ロッカー

携帯電話や財布などの貴重品を保管したい

貴重品ロッカー

オフィスの書類やPC、小物を個人で管理したい

パーソナルロッカー

使用する人数

【設置スペース】に対して【何人分の収納数】が必要かを考えましょう。 ロッカーの定番のサイズは、基本的に3人以上のロッカーだとW(幅)900×D(奥行)515×H(高さ)1790mmです。このサイズを人数で等分したものになるため、大人数用になればなるほど一人あたりの収納スペースは小さくなります。

3人用
4人用
6人用
8人用

上記のサイズは定番のサイズであり、スリムタイプ・ワイドタイプの物もあります。また、パーソナルロッカーなどによっては奥行や幅、高さなども様々なバリエーションがあります。

例1.防寒着やロングコートを収納する場合

分割数の少ない3分割タイプのものがおすすめ

例2.ヘルメットや長靴を収納する場合

パーソナルロッカーなどの1マスが大きいタイプがおすすめ